『47原則』これを知っていれば上に行ける

『47原則』これを知っていれば上に行ける

僕は5年間以上マッキンゼーというコンサルティング会社に勤めていました。日本オフィスはもちろん、上海にも初の現地マネージャーとして日々かんばっていました。
僕の兄は大学を卒業後、ゴールドマンサックスというグローバルな投資会社で数年いました。お互い、「ただひたすら頑張る」というモットーのみで上(昇進)へいきました。

しかし、それは非常に精神的につらい、ラフな考え方でした。
仕事がようやく慣れてきたそんなある日のこと、ぼくは、ある素朴な疑問を抱きました。

「そもそも、なんで上(昇進・リーダー)にいける人がいるのか?」

運とかを差し引いて(運も実力の内)、なんらかのアルゴリズムがあるのではないのか?っと感じてきたのです。「ただひたすら頑張る」でけではつまらないなぁと思ったのです。

でもそのノウハウを「経験値」として蓄積できるものの、「体現化」は難しい。学んだこと、すなわち、原則となりうるものも実はその1人ひとりの引き出しの中にちゃっかりしまわれてしまう。残念なことに数年経つとそれは過去の産物、「良い思い出」となってしまい、重要であった深い詳細部分までは鮮明に思い出すことは難しいのです。

だから、皆、「ただひたすら頑張る」そして、知らない法則の上で、こじ開ける感覚しか思い出せない。

本著『47原則-世界で仕事ができる人たちはどこで差をつけているのか』

は、そこにスポットライトを一所懸命あてて、わかりやすく、真実にまつわるストーリーをふんだんにまぜて、行動できるような原則を取りまとめました。

それは僕だけの経験則だけにまつわる話ではなく20人以上ものリーダー(マッキンゼーと他のリーダー)たちの原則も取りこみ、そして、日本だけではなく、世界7か国で多国籍のチームメンバーとプロジェクトを重ね、闘ってきた記録でもあります。

そしてそれが読者には「上へ行ける」アルゴリズムのヒントとなってくれたら嬉しいなと願っています。

The following two tabs change content below.
シュウ ハットリ

シュウ ハットリ

経営コンサルタント。カナダ・マギル大学商学部卒業、政府奨学生として国立台湾大学卒業(経営学修士)。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て2015年独立。日中を市場とする求人ポータルサイト運営など、ベンチャー設立経験も複数有する。日本語と英語を母国語とし、中国語も堪能。初の著書として、米国にて2015年11月に『The McKinsey Edge』(マグロウヒル社)を刊行、2016年7月7日に本人完訳による邦訳版も刊行。 Shu Hattori is an author of a global-selling book called The McKinsey Edge (McGraw-Hill Publishing), which helps give practical tips for successful career to leadership. The success principles outlined in the book are based on his own personal experiences while at McKinsey and insights he acquired from other leaders. It has been translated into Japanese and Spanish.
シュウ ハットリ

最新記事 by シュウ ハットリ (全て見る)